風営法許可について記事一覧

知っていました?風営法と深夜種類の違い

クラブ・キャバクラ・ホストクラブなどよく風営法っていわれているのは風営法2号営業が正式名称です。ちなみに1号はキャバレー 大型で客がダンスができるお店です。最近また注目されてきました。2号営業は、想定できると思いますがお客に接待ができます。お客の横に座り、お酒をついで、カラオケを一緒にうたったり・・...

≫続きを読む

 

メイドカフェに風営法は適用されるのか?

風営法の正式な名称は風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律と言います。堅そうな役人がつくったらこうなるのです。そこでこの風俗とは?あの方ばかりを想像してしまいっそうですが「接待」という意味です。クラブやラウンジ、キャバクラ、ホストクラブ、料亭も入ってしまします。お店がお金をもらって従業員が客...

≫続きを読む

 

マージャン店を開業するにもリフォームするにも風営法許可が必要

昔は、上司と部下、学生同士などお付き合いでの必須の時間だった一昔前よりも麻雀店はかなり減ったよう思われます。しかしここ最近また雀荘が、アニメの影響か息を吹き返してきました。先日も知人と近所の雀荘に打ちにいったところ若い客が多い。しかも女性も数人「哲也」に出てくるようなタバコ臭く怪しいお店ではなく女性...

≫続きを読む

 

風営法は許可取得が終わりではない?

やっと風営法の許可を取得しても、そこで警察とのやり取りが終わるわけではないのです。営業中には「従業員の名簿の備え付け」オーナーや管理者が変更になったり店内のを改装や模様替えをした場合には警察に届け出なければなりません。万が一あなたのお店が狙われて突然、警察がやってきて「申請書類と違うだろ!」となり処...

≫続きを読む

 

お気を付けください!風営法の無許可営業の罰則

風営法の許可がなく風俗営業を営んだ者は、「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金に処し、またはこれを併科する」と、風営法は定められています(風営法第49条第1号)。さらに無許可営業で罰せられた場合、罰せられた方は欠格事由に当たる者となり、5年間、風俗営業の許可を受けられなくなります。

≫続きを読む

 

あなたも始められる!性風俗関連特殊営業

性風俗関連特殊営業はその他の通り、アダルトな営業です。ソープランドやファッションヘルス、ストリップ劇場、のぞき部屋、ラブホテル、アダルトショップ、出会い系喫茶などです。しかし、通常の「風営法」と異なり許可ではなく届出なのです。この違いは何か?許可は警察がお墨付きを与えることになります。だから届出にし...

≫続きを読む

 

 
TOPページ 風営法許可について 取扱業務&報酬表 事務所のご案内 お問い合わせ