知っていました?風営法と深夜種類の違い

風営法2号営業とは

風営法、深夜酒類、申請、許可、早い、安い、接客

クラブ・キャバクラ・ホストクラブなど
よく風営法っていわれているのは
風営法2号営業が正式名称です。

 

ちなみに1号はキャバレー 大型で客がダンスができるお店です。
最近また注目されてきました。

 

2号営業は、想定できると思いますがお客に接待ができます。

 

お客の横に座り、お酒をついで、カラオケを一緒にうたったり・・の営業の許可です。
申請書には「客とはべり・・・」などと書いて出しています。

 

ただし24時以降営業ができません!


深夜酒類提供飲食店について

風営法、深夜酒類、申請、許可、早い、安い、接客

深夜酒類営業提供飲食店(名前が長い!)とは

 

夜つまり24時から日の出まで、客に対してお酒を提供する飲食店のことです。

 

 

通常、バーやガールズバーがこれに該当します。

 

深夜に営業している飲食店でもラーメン屋さんとかファミレスなどはお酒が飲めますが、メインは食事で補助的にお酒を出すので該当しません。

 

では風営法との違いはというと

 

12時を超えても営業できる

 

接客ができるが接待はできない。

 

どういう意味って思うかもしれませんが、

 

ガールズバーなどはカウンター越しにお酒を出してきます。

 

お客の横に座ったりお酒をついだり、一緒にカラオケもできませんってことになります。

 


あなたの風営法・深夜酒類申請のお手伝いします。

風営法、深夜酒類、申請、許可、早い、安い、接客

風営法・深夜酒類の許可の申請をお急ぎの方は、

 

必ずご確認ください!

 

 

 

     ↓

 

 

風営法、深夜酒類、申請、許可、早い、安い、接客


関連ページ

メイドカフェに風営法は適用されるのか?
メイドさんのお店を開店している方、これから始める方は必ずご確認ください!風営法が適用になるかどうかはどのようなお店にするかで決まります。
マージャン店を開業するにもリフォームするにも風営法許可が必要
麻雀店をはじめたい方は、必ずご確認ください!マージャン店には風営法の許可が必要です。当事務所は面倒な風営法許可を早く・安く・気楽に申請してきます。
風営法は許可取得が終わりではない?
お店の変更があった方はご確認ください!風営法は許可さえ取得すればそこで終わりではありません。 変更の届出をしないと取り消されるかもしれません。
お気を付けください!風営法の無許可営業の罰則
ご注意ください!風営法の罰則と今後5年間お店の経営と責任者はできません。心配な方はご確認ください。
あなたも始められる!性風俗関連特殊営業
性風俗営業をはじめたい方は、必ずご確認ください!どのような営業をするか?また、店舗を構えるのか?によって申請の種類が異なります。お気軽にご相談ください。

 
TOPページ 風営法許可について 取扱業務&報酬表 事務所のご案内 お問い合わせ