お気を付けください!風営法の無許可営業の罰則

お気を付けください!風営法の無許可営業の罰則

風営法、罰則、罰金、懲役、欠格事由、許可、無許可

 

風営法の許可がなく風俗営業を営んだ者は、

 

「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金に処し

 

、またはこれを併科する」と、

 

風営法は定められています(風営法第49条第1号)。

 

さらに無許可営業で罰せられた場合、

 

罰せられた方は欠格事由に当たる者となり、

 

5年間、風俗営業の許可を受けられなくなります。


深夜酒類提供飲食店営業の届出が完了したお店でも

風営法、罰則、罰金、懲役、欠格事由、許可、無許可

 

実際の営業が「接待」(つまりキャバクラっぽい)を行っていたり、

 

ダンスをさせていた場合は、風俗営業の無許可営業にあたります。

 

「風営法の許可を取ると営業時間が決められるので、深夜営業の届出でいこう。なんとかなるだろう。」

 

なんてことはありません。

 

この場合も無許可営業になりますので、

 

「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはこれを併科」

 

ってことになります。

 

この方も欠格事由に当たる者となってしまい、

 

今後5年間は風俗営業の許可を受けられなくなってしまいます。


あなたの風営法・深夜酒類申請のお手伝いします。

風営法、罰則、罰金、懲役、欠格事由、許可、無許可

風営法・深夜酒類の許可の申請をお急ぎの方は、

 

必ずご確認ください!

 

    ↓

 

風営法、罰則、罰金、懲役、欠格事由、許可、無許可


関連ページ

知っていました?風営法と深夜種類の違い
風営法と深夜酒類ってどこが違うの?よく似たこの2つの申請の相談がよくあります。風営法・深夜酒類を早く・安く申請した方はご相談ください。
メイドカフェに風営法は適用されるのか?
メイドさんのお店を開店している方、これから始める方は必ずご確認ください!風営法が適用になるかどうかはどのようなお店にするかで決まります。
マージャン店を開業するにもリフォームするにも風営法許可が必要
麻雀店をはじめたい方は、必ずご確認ください!マージャン店には風営法の許可が必要です。当事務所は面倒な風営法許可を早く・安く・気楽に申請してきます。
風営法は許可取得が終わりではない?
お店の変更があった方はご確認ください!風営法は許可さえ取得すればそこで終わりではありません。 変更の届出をしないと取り消されるかもしれません。
あなたも始められる!性風俗関連特殊営業
性風俗営業をはじめたい方は、必ずご確認ください!どのような営業をするか?また、店舗を構えるのか?によって申請の種類が異なります。お気軽にご相談ください。

 
TOPページ 風営法許可について 取扱業務&報酬表 事務所のご案内 お問い合わせ